事務所紹介 業務内容 リンク

構造設計標準料金  2016-6

S造 算定条件

A.業務範囲は建築確認申請用構造計算書及び構造図の作成までとします。
  地盤調査、設計変更及び確認許可後の対応は別途見積りとします。審査機関に
  対する審査中の対応は電話,eメールで可能な範囲とします。差替えに必要な
  図書は当方で新規に作成します。

B.算定面積は壁中心線で囲まれた範囲とし、車庫、階段、吹抜けを含めたものと
  します。エキスパンションジョイントにより区画された部分は各々別の建物と
  して算定します。また、外部階段が独立した架構を形成する場合は別途 見積り
  とします。

C.標準料金は一貫計算プログラムで対処できる形状の建物を対象としており、屋上
  付属物等建物との一体化が困難な部位が存在する場合は別途見積りとします。

  計算は「計算ルート1〜3」によるものとし、限界耐力計算は対象外とします。


D.算定面積が2000uを超える場合は、100uごとに直線的に補間した金額とします。

E.上記のほか、設計条件に応じての見積りを原則とします。また、構造計算適合性
  判定に要する費用(申請料)は含んでいません。別途ご配慮の程お願いいたし
  ます。


訂正履歴

2003.08 建物形状による値引きは取止め、一律減額としました
2003.08 基礎形態による割増しは取止めました
2007.09 建築基準法改正(H19.6.20)に対応した新料金としました
       「標準料金表2」は取止めました
2008.06 構造計算適合性判定対象物件に対する割増率を設定しました
      最小規模(基本料金)を設定しました
2008.12 算定面積250u以上の料金を上方修正しました
      構造計算適合性判定対象物件に対する割増率を上方修正しました
2009.05 法20条2号に該当し、かつ一級建築士の業務独占に係る物件(構造設計一級建築士
      の関与が必要)の割増率を設定しました

2015.06 計算ルート「ルート2」を採用した物件を、構造計算適合性判定対象(割増率適用対象)
      から除外しました。しかし、適合性判定員が所属していない審査機関においては、従前
      通り構造計算適合性判定対象扱いとされます。その場合は割増率適用となりますので
      ご注意ください。


S造 標準料金表  (2009-7改)

算定面積(u) 標準料金(\/棟)
直接基礎 +地盤改良 →杭基礎
→75 150,000.- 180,000.- 200,000.-
100 160,000.- 190,000.- 210,000.-
125 170,000.- 200,000.- 220,000.-
150 180,000.- 210,000.- 230,000.-
175 190,000.- 220,000.- 240,000.-
200 200,000.- 230,000.- 250,000.-
250 220,000.- 250,000.- 270,000.-
上記は混構造に適用し S造は300uを最小規模(基本料金)とします
300 310,000.- 340,000.- 360,000.-
400 345,000.- 375,000.- 395,000.-
500 380,000.- 410,000.- 430,000.-
600 415,000.- 456,000.- 465,000.-
700 450,000.- 495,000.- 517,000.-
800 485,000.- 533,000.- 557,000.-
900 520,000.- 572,000.- 598,000.-
1000 555,000.- 610,000.- 638,000.-
1100 588,000.- 646,000.- 676,000.-
1200 618,000.- 679,000.- 710,000.-
1300 648,000.- 712,000.- 745,000.-
1400 678,000.- 745,000.- 779,000.-
1500 708,000.- 778,000.- 814,000.-
1600 738,000.- 811,000.- 848,000.-
1700 768,000.- 844,000.- 883,000.-
1800 798,000.- 877,000.- 917,000.-
1900 828,000.- 910,000.- 952,000.-
2000 858,000.- 943,000.- 986,000.-
2500 1,008,000.- 1,108,000.- 1,159,000.-
3000 1,158,000.- 1,273,000.- 1,331,000.-
4000 1,458,000.- 1,603,000.- 1,676,000.-
5000 1,758,000.- 1,933,000.- 2,021,000.-
5000< 別途見積り




★計算ルート「ルート1-1及び1-2」は表中の金額を適用します
構造計算適合性判定対象物件(法20条2号に該当)に対しては、表中の金額
  を一律20%割増しと します

法20条2号に該当し、かつ一級建築士の業務独占(士法第3条第1項)に係る物
  件(構造設計一級建築士の関与が必要)に対しては、表中の金額を一律30%
  割増しと
します



このページTOPへ     料金表TOPへ